<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フートナージュ&ミモザと春のお花のバックアレンジ

d0184294_2163994.jpg

2月のレッスンが行われました。
今回は羊毛フエルトのボールを手作りしました。
フワフワの羊毛を専用の針でチクチク、フエルトを作る作業は、少し手間はかかりますが、一度作ると結構やみつきになります。マーブル模様になっているんですよ。
今回は綺麗に、手早くできるワザを伝授しました。
フートナージュはコサージュはバック、ぬいぐるみなどいろいろなものが作れるので色々と応用してみるといいですね。今後は応用のレッスンを行う予定です。

お花はこぼれるようなミモザを中心にランキュラスやスイセンなど春のお花をたっぷり使いました。
バックはオランダから着たモスバック、先ほどのフエルトのオーナメントをポイントにあしらいましたよ。

土曜日のレッスンの後は、友人達を呼んで久しぶりにホームパーティを開催しました。

今日のメニューは
 アボカド、クリームチーズとたらこのティップ
 フルーツトマトのブルスケッタ
 かぶのポタージュ
 いちごと生ハム、クレソンのサラダ
 ブルーチーズのフジッリ(パスタ)
 新ジャガとチキンの白ワイン煮
 焼き菓子&BALIコーヒー

Eちゃんが和服を着てきてくれて、とても素敵でしたよ。
Aちゃんが手作りの焼き菓子を持ってきてくれました。どれも迷ってしまうくらい、美味しかったです。ありがとうね!

次回のレッスンが決定しましたのでお知らせします。
3月は桜とお重の和のアレンジです。

■ 市川教室
 3月23日(水)14時半~

■ 原宿教室
 3月24日(木)19時~(若干名募集)ご希望の方はお早めに!

市川教室は週末にあと1レッスン増える予定です。日程が決まり次第お知らせします。
[PR]
by kupukupu-wedding | 2011-02-26 21:05 | レッスン

本日のbouqet

d0184294_15492871.jpg

先週末、久しぶりにブライダルのお仕事。
秋にお花の打ち合わせをしたのですが、好きな花はラナンキュラスとこでまりとのこと
私もどちらも大好きな花ですが、なかなかこの花をあげる方はいないのでちょっとびっくりしました。
挙式は和装でしたが、ラナンキュラスのお花をたっぷりとヘアにあしらいました。
ブーケはこでまりを使ったクレッセント(三日月型)
今回は列席者の方にも和装の方が多く、とても素敵な着物をたくさん見て、久しぶりに着物が着たくなってしまいました。冬はあったかいし、着物がいいですね。
d0184294_15525366.jpg

ゲストテーブルはパフェという器にバラの花びらを贅沢にたっぷり、ころんとした形のバラやランキュラス、春のお花をたっぷり入れて、砂糖菓子のような会場装花でした。
黒っぽい花はチョコレートコスモス、名前のとおりチョコレートの香りのする花です。
[PR]
by kupukupu-wedding | 2011-02-22 16:01 | 作品

葛西臨海公園

昨日は久しぶりにたくさん雪が降りましたね。
私はなんだか嬉しくて、窓の外をずっと見ていたのですが、
雪が一度おさまった深夜、長靴をはいて、散歩にでかけました。
ふかふかの新雪、だれも踏み入れていない公園に足跡をつけてみたり、絵を描いたり。

しばらく降ったあとテラスにガラスの器を置いて、雪でカキ氷も作ってみました。
練乳とシロップをかけて、味は、美味でしたよ(笑)

最近、とてもショッキングなことがありました。
私の実家の前は親戚がやっている梨畑が広がっています。
春には梨の花、秋には日本で一番美味しい梨がたわわに実っていたのですが、
残念なことにその梨畑を続けられなくなり、先祖代々受け継がれていた梨の木を抜くことになりました。
d0184294_132416.jpg
グイーン、クオーンと無残になぎ倒される梨の木、ショベルカーで根っこごとひっくり返される姿
思い出がたくさんあるだけに、見ているだけで涙が出てきます。

愛犬のメグも落ち着かない様子。それを見ていた母から電話が、
メグを連れて、ショコラキューブでドライブに出かけました。
d0184294_12571982.jpg

メグにとって始めての海はドキドキだったみたいです。
d0184294_1258365.jpg

冬の公園は人もまばらで、とってものんびり、母もとっても嬉しそうでした。
スイセンもとっても綺麗でしたよ。
d0184294_1333493.jpg

また行こうね!
[PR]
by kupukupu-wedding | 2011-02-15 13:08 |

テーブルウエアフェスティバル2011

d0184294_19132992.jpg
テーブルウエアフェスティバルに行ってきました。
d0184294_19152495.jpg

RAINAUD&ERCUISブースにて私の恩師でもある山本侑貴子先生のトークショー&コーディネートを拝見させていただきました。
d0184294_19392164.jpg

d0184294_1953053.jpg

d0184294_19185495.jpg

先生のコーディネートはシンプルでスタイリッシュ、人柄やスタイルも抜群で本当に素敵な方です。最近は雑誌だけでなくTVでも活躍されているようです。
d0184294_19211889.jpg

せっかくなので、あちこちとめぐってみました。こちらはニコライバーグマンさんのブース、テーブルの中に苔が敷き詰めてあり、北欧らしいデザインでした。
d0184294_1923837.jpg

以前私も出展のお手伝いをさせていただいたことはあるのですが、フラワーアレンジメントもいたるところに飾ってあります。面白かったのは、noritakeのブースにあった野菜のアレンジ、ブロッコリーみたいなロマネスクやパセリ、大きなぜんまいなどアレンジにしてありました
d0184294_19441962.jpg

こちらは、和のアレンジ、雪柳の花留に炭を使っていました。お花のほうも色々なアイディアがあり勉強になります。
d0184294_19251837.jpg

ポストガルのボルダピュニイロというメーカーのキャベツのお皿にいちごのポット、とっても可愛かったです

他にもテーブルコーディネートコンテストや食器の販売など盛りだくさんでした。
東京ドームにて13日まで開催しているそうです。

イベントの前にお誘いいただいた友人のNちゃんと神楽坂の Brasserie Gusにてランチをしました。
なかな予約の取れない人気店らしいのですが、当日でもラッキーなことに予約が取れ、とっても美味しかったです。
私はオードブルにパルマ産生ハムとエビのマリネ、メインに鴨のコンフィをいただきました。
ちなみにオードブルとメインで1000円 信じられない位リースナブル!もう一度行って見たいお店です。
[PR]
by kupukupu-wedding | 2011-02-11 19:54 | イベント

BALI 2011 後編

d0184294_1142712.jpg
前編ではあちこち観光地などを廻っていましたが、
後編は少しのんびり、南国の植物などをご紹介したいと思います。
4日目はホテル周辺をトレッキングしてきました。
ホテル宿泊特典として申し込んだアリラウブド主宰のトレッキングツアー、アリラウブドから車で20分位、渓谷のあるパヤンガン周辺をトレッキングしました
d0184294_1142567.jpg

バリの人って(特に女性)頭の上に荷物を載せるんですよね植物を採って牛の餌にするそうです。後ろに写っているのはお世話になったガイドさんです
d0184294_11525098.jpg
d0184294_1153427.jpg

ガイドさんからたくさんの貴重なお話を伺いました

バリの農民は植物を取って家畜の餌にして、豚や牛を飼い、田んぼを牛で耕し、お祭りの前には(高値で売れるそうです)牛や豚を売り生活の糧にする。周りにはたくさんのフルーツや実物を採って市場に売りに行く。そうやって生活しているそうです。

バリでは車よりバイクが人気があるらしく、小学生からバイクに乗っているのはびっくり。
農道にも日本製のバイクがたくさん走っていました。

d0184294_11583968.jpg

こちらはパパイヤ、フルーツとして食べるのはもちろん、サラダや炒め物にするそう。
d0184294_11592010.jpg

こちらはコーヒーの実、熟したら豆を煎ります。木からなっているの初めて見ました。
d0184294_1223360.jpg

このインゲンみたいの、なんだと思いますか?
プリンやアイスクリームに入っているバニラビーンズだそうです。
その他、チョコレートの原材料、カカオやバナナ、葉にも色々な役目があるのを教えていただきました。ドラセナなど私が知ってる葉物を教えてあげたりして、お互い教えあって楽しかったです。
今回は英語ガイドでしたが私のつたない英語もなんとか通じて嬉しかったな。

d0184294_1211740.jpg

トレッキングの途中、バリの農家におじゃましました。
ご主人が椰子の木に登って、ヤシの実を採ってくれました。
d0184294_12164541.jpg

上部をナイフでカットした後、ストローを挿して飲むのかな?って思っていたら、ヤシの皮をを小さくカットして口を作り、こんな風にして中のジュースを飲むそうです(笑)今まで飲んだもので一番、フレッシュで美味しかったです。
d0184294_12203522.jpg

ジュースを飲んだ後は、半分に割り、中のココナッツをいただきました。私はこっちのほうが好きです。
ジュースにもデザートにもなるヤシ、ヤシの皮も葉も色々なものに使えるそう。恐るべしです。
d0184294_12252554.jpg

お土産にサラック(スネークフルーツ)をいただきました。このサラックも裏庭に木があって採ってきてくれました。

ここで気になったのが、こちらの家で、現地の男の子が携帯から音楽を聴いていたことです。
バリでは携帯会社がたくさんあり、携帯が格安で買えるそう。小学生も携帯を持つのが普通、スマートフォンも普及しているそうです。
10年ぶりに行ったバリ、変わってないなあなんて思っていたら、こんなところは日本よりも進んでいるのかもしれませんね。
d0184294_12541172.jpg

後半のトレッキングは思ったよりかなりハードでした。一人通れるのがやっとの谷を下ったり、早朝まで雨だったので、すべりやすかったですが、ガイドさんがサポートしてくれたり、以外に役に立ったのが傘、杖代わりにもなりました。ホテルに帰ってきたのが12時半3時間半位歩いていました。汗をたっぷりかきましたが、とっても気持ちのよいエクササイズになりました。
マウンテンバイクのダウンヒルのツアーもあるそうです。こちらも楽しそうですね。

最終日はホテルでのんびり、プールで読書、夕方アリラスパの施術を受けました。
もちろん、街スパもいいけれど、本当にリラックスできるのはホテルのスパかもしれません。
最後にいただいたウオーターメロンのシャーベット、絶品でした。

d0184294_12335833.jpg

金曜日の夜はプールサイドでカクテルパーティ、私たちはその夜帰国のため、残念ながら参加できませんでしたが、宿泊者の交流の場となっていて楽しそうでした。
私たちは少しだけご挨拶トレッキングでお世話になったガイドさんにもお会いし、また次回会うことを誓いました。
RINDIK(竹の打楽器)の演奏もありましたよ。

色々な意味で、本当にリフレッシュできたBALI、ぜひまた足を運んでみたいと思います。
今度は直行便でね、、、(苦笑)
[PR]
by kupukupu-wedding | 2011-02-09 12:43 |

BALI2011 前編

d0184294_15572519.jpg
昨日BALIから帰国しました
雨季のBALIは毎日雨は降りましたが、フルーツも美味しいし、暑すぎず、毎日夜23度から昼28度位で湿度はありますが、とても過ごしやすかったです。
旅行前に風邪をひいてしまって、少し心配でしたが予想通り、着いたらケロリと治ってしまいました
滞在したホテルはALILA UBUD インドネシアバリ島の中部ウブドという村にあるホテルです。アユン渓谷に切り出すように建つプールがお気に入りのホテルです。こちらに6日間滞在しました
d0184294_162046.jpg

一日目は朝食後、のんびりホテルを散策、ギャラリーやショップをのぞいたりして、午後は近くの棚田、テガラランへランチをいただきに行きました
d0184294_165592.jpg

ほんとはテラスパディカフェに行きたかったのですが、満席でお隣のカフェへ
ナシチャンプルをいただきました。ナシチャンプルとは、ナシ(ごはん)にサユールやサテなど、お店によっておかずがたくさんのったごはんプレート、ロコたちの日常食です
こちらでいただいたサテリリ(レモングラスの茎に鶏肉のつくねが巻いてあります)が滞在中一番でした。
d0184294_17502037.jpg

d0184294_17503947.jpg

そのあと、ゴアガジャ(象の寺院)を見学後、ウブドの町へ向かいました。
d0184294_1732427.jpg

d0184294_17323520.jpg

ウブド市場でショッピングの後大好きなカフェワヤンで夕食、通路の奥のほうの席がおすすめです。ミーゴレン(インドネシア風焼きそば)ソトアヤム(スパイシーなチキンスープ、をいただきました。その後、チケットを購入してプリアタン宮殿へレゴンダンスを見に、久しぶりのガムランに気分が高まりました
d0184294_1612932.jpg


2日目は朝からトラガワジャ川でラフティング、以前アユン川でやったことはあるのですが、トラガワジャ川は15キロのロングコースに4Mの滝を落ちるというエキサイティングなコース、棚田が広がる素晴らしい景色に圧巻されながら自然と一体になって楽しみました

疲れた体を癒すにはSPA、バリはマッサージがとってもリースナブルに楽しめます
UBUDにもたくさんSPAはありますが、街スパといって、施設はホテルには劣るけれど技術的にはそれほど変わらないそう。
現地在住の日本人に最近人気のあるSang SPA2 に行って、バリニースマッサージ1H(120000RP)約1200円とクリームバス(100000RP)1H約1000円を体験、クリームバスは初体験でしたが、ミントの髪のヘア&ヘッドマッサージにはまり、ラフティングの疲れは吹っ飛びました。
設備もとっても綺麗だし、スタッフも丁寧で親切。ウブド内は送迎もしてくれるそうです
早速、次回も予約をすることに。

d0184294_17334791.jpg

d0184294_18103680.jpg

その後、ダラムプリ寺院で行われていたオダランへ
オダランとはバリヒンズー教の代表的な祭事でウク暦によって210日ごとに行われます。こちらでもダンスを鑑賞、迫力満点でした。バリの女性は荷物を頭の上に乗せて運びます。

オダラン見学には正装が必要です本来なら、クバヤやスレンダンなどが必要ですが、ホテルでサロン(腰巻)を借りておいたので中に入れてもらえました。オダランでは屋台がでていましたよ。揚げた豆腐のようなものを売っていました。
d0184294_1732960.jpg

バリでは一年中、街中のあちこちで、オダランが行われていますが、行きたい方はバリカレンダーを参考にするもしくは、情報はホテルに聞く、APA?情報センターのHPに載っています。ご参考に!

3日目はAMはホテルでヨガを体験、他のゲストと一緒の始めての英語でのヨガは緊張でした
inhale(吐いて)exhale(吸って)がはじめわからずドキドキでしたがやっているうちに慣れて楽しく長旅でカチコチの体を伸ばすことができました.ヨガでこんなに汗をかいたのは初めてです

滞在したアリラウブドではヨガや太極拳、バリ舞踊、アフタヌーンティなど無料のプログラムも多く、ホテルに滞在するだけで楽しむことができます

d0184294_16231166.jpg

ランチはイブオカ2へ こちらはバビクリンの有名なワルン(食堂)
バビクリンとは豚の丸焼き、バリ人の大好物、飴色に焼かれた皮がパリパリしてジューシー
3200RP(約310円)ロコにも観光客にも大人気のお店です

d0184294_1716857.jpg

ホテルでの朝ごはんで気になったバリの特産のアタの籠、こちらを作っている工房が近くにあると聞き、早速ガイドさんに連れて行ってもらいました
d0184294_17171522.jpg

こちらはアタの木、このつるを細く裂き、同じ太さにしたあと、太いつるに細いつるを巻きつけて籠をひとつひとつ手で編みます。
d0184294_17185095.jpg

その後、燻して一週間天日干しをするそうです。
こちらの工房、その後行ったスミニャックのアタ専門店より品質は良く安価でした。
写真の籠は155000RP(1500円位)でした
Bali Handy
Jl.Raya Lod Tunduh,Br.Silungan,Ubud,Gianyar,Bali
Tel.(0361)7985682

アタ工房の後、スニニャックをジャランジャラン(おさんぽ)
街でよく、タクシーとかトランスポート!と声を掛けられるのですが、そんなとき、ジャランジャラーンとにっこりすると、バリの人はたいてい OKジャランジャラン とうれしそうに言います。とっても便利なインドネシア語です(笑)
d0184294_17564149.jpg

d0184294_0284690.jpg
ショッピングの後は、ケチャダンスを見にウルワツ寺院へ
断崖絶壁に建つこちらの寺院は海をバックにケチャダンスが行われます。
なんとなく怪しい雲行き、ケチャダンス中、雨が降り続き、傘をさしてのケチャダンス鑑賞でした
ケチャダンスとは上半身裸の大勢の男たちが円陣を組んですわり、「チャッ、チャッ」という掛け声を唱和するダンスです

その後も雨は降り続き、ジンバランでの海辺でのイカンバカール(シーフードBBQ)は店内となりました。帰りの車中ではお店が灌水していたり、トラックやバスが滑って川に落ちたりして通行止めの区画がありました。もちろん日にちにもよると思いますが、こちらのツアーは乾季のほうがおすすめかもしれませんね。

今回、オプショナルツアーとお願いしたのは BALITOP という現地の代理店
運転手つきで、ガイドさんもとても親切。予約のメールにも迅速に対応してもらえました。
ネットで色々調べたのですが一番リースナブルで24時間日本語で対応してもらえるのでおすすめですよ。

長いブログ読んでいただいてありがとうございます
少しはバリの雰囲気楽しんでいただましたか?

後編に続きます
[PR]
by kupukupu-wedding | 2011-02-06 17:07 |